大人ニキビとニキビ肌を清潔に保つポイント

ニキビの大敵は、私は睡眠不足ではないかと思います。

最近は、仕事が忙しくて徹夜ばかりしていたら、ニキビ顔になってしまいました。

私は元々ニキビになりやすい肌質なので、睡眠不足が続いたり、少しでも肌にダメージを与えたりすると、ニキビが大量発生するのです。

だから、たとえ忙しい時でも、できる限り早く寝たいのですが、こう毎日忙しくては十分な睡眠をとることができません。

あと、ニキビができた時は、潰して良いものと潰してはいけないものとがあります。

潰しても良いニキビは、ニキビの炎症がそろそろ落ち着いてきて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。

そのような状態のニキビは、膿が外へ出ようとして、中の芯も出来はじめている状態なのだで、潰してしまってもニキビ跡になりにくいですね。

酷い状態のニキビとなると、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状になります。

ニキビが出来ると、ついなぜかその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますよね。

でも、触ると余計に雑菌が入ってしまって、症状が長引いてしまうことが多いそうです。

なので、ニキビケアのクリームを塗るなどして、肌のつやを保ちつつ、汚れなどをきれいに落とすことが、ニキビ肌を清潔に保つポイントです。

特に大人ニキビの場合は、乾燥させないことが絶対条件で、洗顔する場合でも皮脂を取り除きすぎないようにするのがポイントです。

もっとも、ニキビ肌の大敵の睡眠不足に対抗するために、爽眠αという睡眠サポートサプリを先日から飲み始めました。

まだ飲み始めたばかりなので、爽眠αの効果なしですが、その内に効果があることを信じて飲み続けてみようと思っています。