恐ろしい増殖ぶりなんです

アラサーになった私の顔にも、ついにシミが出現してきました。

それも、恐ろしい増殖ぶりなんです。

私のシミの原因はわかっていて、日光の紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

子どもが生まれ、少し大きくなってきたので、毎日のように一緒に公園に行き、子どもが大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごしていました。

子どもの身支度もするので、紫外線対策など、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感で、そのまま出かけてしまっていました。

そのツケが、今頃になって急に、シミという形で現れはじめました。

そのため、シミのないお肌にするためには、外出時の日焼け対策は必須だと、改めて思い知らされた気分です。

それからは、日焼け止めクリームをポケットに入れてでも、必ず持っていくことにしています。

小麦色の肌なら、げんきで活発なイメージを演出するのに効果的ではあるものの、日焼けしたら、その後にシミができ沿うで不安と悩む人も多いです。

シミを避けるのだったら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。

シミにさよならするためには、こまめな日焼け止めクリームを塗ることです。

その後は、帰宅してからの紫外線ケアとして、速やかにローションなどで炎症を抑えてください。

お肌に出来てしまったシミは、ご自身のケアでも多少の改善は期待できます。

ただ、できてしまったシミを、すっかりキレイにするというのは、さすがに困難です。

ですが、絶対ではありません。

なぜなら、美容外科でシミ取りのレーザー治療を受ければ、あっという間にシミが奇麗に除去できます。

もしも、できてしまったシミをどうしても消したいのなら、ためしに美容外科や美容クリニックに相談に行ってみる事をオススメします。

サラフェプラスの口コミで見たのですが、多くのクリニックでは、無料のカウンセリングをうけ付けているそうです。

なお、私の場合は、シミの他にも顔汗が吹き出るように多いので、スマホで検索して、サラフェプラスという制汗ジェルを注文しました。

これでだいぶ顔汗の量が減ったので、サラフェプラスは私のお気に入りです。

 

 

実感することができません

肌のスキンケアにも、順番というものがありますよね。

ちゃんとした順番で使わないと、効果を実感することができません。

洗顔のあとは、急いで化粧水で肌を潤しましょう。

美容液を使う場合は、化粧水の後で構いません。

続いて、乳液、クリームとつづきますが、これでお肌の補水をちゃんとしてから、油分で水分が蒸発しないようにするのです。

いつもは肌があまり乾燥しない人でも、寒い時節になるとカサカサになってしまう場合もあります。

なので、顔を洗った後や入浴の後は、化粧水を使うほか、乳液を使うと良いと思います。

寒い時節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、自分で出来る肌の手入れを怠らないようにした方がいいですね。

ちゃんと肌を潤わせることと、血のめぐりを良くすることが、冬の肌の手入れの秘訣です。

それと、スキンケアで忘れてはいけないことは、日々の正しい洗顔ですね。

誤った洗顔のやり方では、肌トラブルの原因となり、保水力を保てなくなる原因をもたらします。

お肌をいたわりながら洗う、ちゃんとすすぐ、この2つのことに注意して洗顔をおこないましょう。

なお、小麦色の肌は、健康的で美しいイメージを与えられることが多いと思います。

ですが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという女性ならではの、悩ましい一面もあります。

シミを避けてるのだったら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、日焼け止めを丁寧に塗布することです。

また、おうちに帰ったら、すぐさま日焼けの後用のローションなどを使って、肌が炎症を起こす前にケアすることです。

肌が荒れているのは、空気が乾いているためですから、肌を守ってくれるクリームをたくさん使うと良いと思います。

ただし、乾燥した肌を放置するのは、やめたほうがいいです。

肌をきれいにするためには、正しい洗顔をする必要がありますが、洗顔を必要以上にすると、かえって肌を傷めてしまう結果となります。

そのため、朝は洗顔をおこなわないか、ほんの少しだけ洗う程度にするのが、お肌のケアには良いですよ。

もっとも私もアラサーになって、ちょっと老け顔になった感じがしてきたので、ネットの口コミで評判の良いアヤナスBBクリームを購入しました。

このアヤナスBBクリームで老け顔とも、おさらばできれば最高に嬉しいです。

 

 

嫌味を言われてしまいます

主婦にとって食事作りは、家事の中でも重要な作業です。

ここをきちんと押さえていないと、家族から「何?お母さんでしょ!」とか、「ずっと家にいるのに…」と、嫌味を言われてしまいます。

昔の母親像をまねしながら、必死で家事をこなしてきましたが、皆にとって私の頑張りは当然のこと、当たり前に変わっています。

そして食事作りですが、いつも2時間かけて作っても、食べるのはたったの15分以内です。

それでも一汁にご飯、おかず、箸休めと大変ですが、作ること自体は嫌いではないんです。

私が嫌いなのは、後片付けです。

後片付けさえ楽になってくれればと、常々思っていました。

きっとフルタイムワーカのお母さんたちだって思っていると思い、思い切って聞いてみました。

「晩御飯、どうやって提供してる?」「普通よ。」いや、その普通が知りたいんです。

「時短テクニックは?」「肉を焼く。お皿にのせる・・・」と言われ、これは完全に聞く人間を違えました。

と思っていたら、「100均にある子供用プレートに肉をのせる。」と、言ってきました。

「プレートって?あのお子様プレート?」まさに、目から鱗です!

早速、100均で買ってきて、おかずと箸休め、サラダをのせてみました。

こ、これは、おしゃれなカフェのランチや~ん。

それを家族にだしてみました。

みんな「なんかおしゃれ!自分の食べる分が分かって食べやすい。」と、好評でした。

そして後片付けですが、あ!小皿も大きな皿もないので、めちゃくちゃ楽です!

今まで30分かけて後片付けしてたのが、わずか10分で終わりました。

それ以来、プレートを和洋中に買って、使い分けしています。

作るこっちも盛り付けなど工夫し、イベントによってはデコレーションしたりと、楽しんでいます。

晩御飯をワンプレートにしただけで、食事提供がこんなに楽しくなるなんて思ってもみませんでした。

ありがとうワンプレート!今晩はオムライスセットです!

ちなみに、ネットで見つけたいぶきの実の口コミをみて、旦那のうるさいイビキに効くかもと飲ませてみたら、予想以上に効いてビックリしています。